徒然草

つれづれにさまざま書いています。

「桐に赤い花が咲く」・渡辺淳一 著

 

「桐に赤い花が咲く」

  渡辺淳一 著   新潮文庫

   平成5年5月25日 発行
    (作品は昭和56年12月 集英社より刊行された)

 

9月10日 東京にはまだまだ残暑が残った日だった。
刑事桑島は警察病院に寄った。整形外科の医師は、
「肋骨にヒビが入ったようですな」と言い、処置をしてくれた。
出署すると事件が起こっていた。凄惨な事件であった。
若い女が殺され、局所をめった切りされていた。
見るも無残な遺体を見て「男だな」と桑島は言った。


残暑の残る中、桑島らは捜査に街中に出て、女と親しかった男を探す。
やがて、被害者の身元が割れ、勤めていたゴルフ場やアパートで時折見かけた
男の似顔絵もできた。
更に、梅原医院の院長も浮かんできた。

 

しかし、依然として似顔絵の男の身元も分からず、長期戦になってしまう・・
似顔絵の男は若く細い体系、色白・・など分かってはいるが
皆目行方が知れなかった・・
その後、月日が経つうちに捜査は縮小されていく。
桑島は和泉刑事と共に操作続行となった。

 

一年数か月後、同じ手口で男の惨殺体が見つかる。
男の局部が傷つけられ、一緒にいた女が捜査対象となった。

そして、桑島が見た似顔絵にハッとする。
「似ている・・!」と。
一年前に起きた女の連れの男とである。
和泉刑事はそんな桑島に「あっちは男、こっちは女が容疑者ですよ」と言ったが、
似顔絵は似ている・・!と感がする桑島であった・・・・

 

 

 

男と女のの怪しい深み。
一人の人間の悲しいまでの悲劇。
渡辺淳一ならではの作品だと感じます。
「桐」に咲く花は 濃い紫の大きな花である。
「赤い」花は咲かない。
桐に赤い花が咲く」の表題はなぜか・・が最後に分かってきます。

この作品は昭和56年12月の刊行、もし、今現在の世の中だったなら
一人の人間の「深いやるせない悲しみ」は薄らいでいたかも・・知れません。
考えさせられる作品でした。

 

 

6月中旬・自宅の花・②

ヤマアジサイ・・

主人がせっせと植えたヤマアジサイ。いま真っ盛りです。

雨が降らず、カンカン照りでしたので元気も無さそうでしたが、今日の雨で活気が戻るでしょう。

ヤマアジサイはほとんどが、額になっているお花でしょうか。その額もかわいらしいですね。

 

 

 

    

             あやめ・・

梅雨時の花と言えば、やはりあやめでしょうか。今年開花が早いようですが、自宅の数本のあやめはこれからです。

「いずれがアヤメかカキツバタ」と言いますが、よく分かりません。(笑)

いずれにしても季節の花ですね。

潮来花嫁さんの歌で人気の「潮来のあやめ」は水のある地に植えられていますが、我が家の花は花壇なので、あまり増えません。気の毒です・・

 

あやめ・・

 

ホタルブクロ・白・・

地面にあったホタルブクロ。消えてなくなりそうだったのを主人が鉢に植え替えました。果たしてまた増えていくでしょうか。白い方が弱いようです。

白くてきれいですね。

 

キンシバイ・・

ビックリする方角に芽を出したキンシバイ。種が飛んだとしか思えません。

この木は結構強く大きく育ちます。花もいっぱいつけ長く咲きます。せっかくここで命をつないだので、大切にしましょう。

 

バラ・・

もう初夏ですが、バラも咲いています。手入れもしないのに、健気です~

 

白蝶草・・

バラの手前の白蝶草。

潮来のあやめ園の近くで見つけて 苗を買って育てました。白いちょうちょうが飛んでいるような可憐な花です。ものすご~~くふえます。(笑)

 

           松葉ボタン・・

下屋の下に花を植えましたが 前が開いていたので松葉ボタンを二個、植えました。花も咲いてきました。花がボタンに似ているから・・と名前がついたとか。

別名・・爪切り草・爪で切って植えると根付くから。

そう言ったところは、ポーチュラカに似ていますね。

 

 

今日雨が降っても、明日はまた30℃越えの晴れ、真夏日だそうです。

読んでくださっています皆さま、体調にご注意くださいませ。(*^-^*)

             みのりん

 

 

        

 

6月中旬・ご近所の風景・・

栗・・

6月半ば、今年関東の梅雨入りはかなり遅れていますが、梅雨前から30℃越え。真夏はどうなるのか、いまから恐ろしいです・・

 

茨城県は栗の名産地、栽培面積も出荷量も日本一です。我が小美玉市にも、至る所で見かける栗の木。いまは花盛りです。一本の木にたくさんの栗が出来るんですね。秋はお大忙しでしょう。

 

農業試験場のコブシの木・・

シンボルツリーですね。初春は白い花でいっぱいに、そしてたくさんの小鳥のねぐらになっているようですよ。

 

中央高校のある、欅通り・・

欅の木も、いつの間にか枝を落とされてこの風景。夏の日陰は望めません・・

 

コマツヨイグサ・・

小さな黄色い花が足もとに咲いています。踏まれるところでは横に這っています。

 

池花池・・

ポツン・・と白鳥さん。いまはカモ類も全くいません。まっ白い未草がいっぱい咲いています。

 

街道のマリーゴールド・・

毎年初夏には街道の花をマリーゴールドに変えています。こちらも変わりました。地域で交代で出て、植え替えを行っています。

 

地域の古墳(勅使塚古墳)・・

古墳は市の財産。こちらは発掘はされていない様子です。・

直径30メートル 高さ3メートル 幅15メートル、古墳時代のもの。その昔、鹿嶋に向かう勅使がここで病に倒れ、哀れに思った村人が篤く葬った・・とされています。頂上に五輪塔があります。

 

枇杷の実・・

先ほどのコブシの木のある農事試験場の枇杷です。いっぱい実るようですが、あまりついていないので、収獲した後なのかな。美味しそう。(笑)

 

 

木木は夏の常緑に変わってきて、緑濃い我が街です~(*^-^*)