徒然草

つれづれにさまざま書いています。

ジンジャーリリー・咲いてた・・

  ジンジャーリリーの花・・

 

ほんの3キロ程のウォーキングですが、こんな花を見つけました。

ネットで調べると、「ジンジャーリリー」だそうです。

毎回歩くコースは違いますが、なんで今まで気がつかなかったのか・・迂闊です。(苦笑)

 

※ ジンジャーリリーとは・・

江戸時代末期、薬用として渡来。独特のきれいな花を咲かせるので観賞用として普及。現在、多くの園芸品種は、香川県在住の育種家・小山実一氏によるもので、100種以上の品種がある。

ショウガと似た香りがしますがジンジャーリリーは食べられません(薬用)

花期は8~10月。冬は地上部が枯れる。(ガーデニングの図鑑さまからお借りしています)

 

1つの花が大きくそれがたくさんついて一個の花のように見えますね。この日はたくさんの花が咲いていました。

1つ勉強になりました。

 

 

  常陸秋そばの花・・

茨城県の名物、常陸秋そばの花、ちょっと前の写真です。結構廻りの広い畑に栽培されています。真っ白な花が咲くと、秋を想い、また新蕎麦を想いますね。

茨城県では常陸大子から常陸太田市辺りが超有名ですが、我が街にもたくさんの常陸秋そばが見られます。

 

  乗越神社・・

ウォーキングコース上の神社です。一本の桜もあって、静かなたたずまいです。

 

  栗の実・・いま、収穫真っ最中。

 

  パンパスグラス・・

集落センターの入り口のそびえています。我が家のパンパスはまだ穂が小さいのに、こちらはすっかり大きく育っています。環境がいいのかな。

 

    

  ドングリが落ちていました。秋ですね。

 

  ツルボ・・

球根植物です。秋の道端にもたくさん花咲いていて、大変かわいらしいです。

 

  ハナシュクシャ・・

こちらもショウガ科の大きな花です。近くに行くといい香りがして気がつきます。最初のジンジャーリリーの木があった同じ場所に咲いています。花の好きな方の畑です。

どちらも1メートル50センチほどと背が大きくなりますから、結構広い場所が必要でしょうか。

 

 

秋になるとやはり夏の花とは違ってきますね。

花を見て秋を感じる・・なんて、ロマンチックですね。(#^.^#)