徒然草

つれづれにさまざま書いています。

西蓮寺の彼岸花・・

 

   西蓮寺   行方市西蓮寺504

 

※ 天台宗の寺院。延歴元年(782)創建。多くの文化財保有の古刹。

 

 

我が家の彼岸花が満開からもう終わり加減になって来ました。

思いついて雨の止んだ日、行方市の西蓮寺に彼岸花を見に行ってきました。

この寺院は、晩秋の大イチョウの黄葉で有名で、その姿は想像を超えるほど見事です。

しかし、春の桜や、秋の彼岸花などでもその名を知られ、お彼岸の法要と共に見物に来る方も多いようです。

 

行った日がお彼岸だったので、多くの方が法要に来ていました。

数年前までは、寺院の前の広い水田などにも彼岸花が繁茂していました。

それを見るのが楽しみでしたが、その田畑などの草取りなどに手が無いとされて、いまは仁王門あたりと境内に咲いています。

 

   仁王門・・

 

 

 

 

   常行堂・・

 

 

 

 

   鐘楼と、大イチョウ一号株・・

 

 

 

 

    

  薬師堂など、多くの伽藍があります。

 

    

  ※ 一号株・・

巨大な大イチョウでも有名。二本境内にあり、樹齢1000年以上とされます。黄葉の頃がとても素晴らしく、見ごたえがありますね。

 

    

  ※ 二号株・・

 

彼岸花は以前よりも少なくはなっていますが、見ていて飽きません。

真っ赤な花の向こうに、きっと仏がいらっしゃるのでしょう・・

また、晩秋に、大イチョウの黄葉を見に行きたいと思っています。

 

 

 

 2016年の映像です。(Yahoo 時代ですので映像が乱れています)

minorinnminorinn.hatenablog.com

 

 

 

 

 

撮影日・・2022年09月25日